一時帰国が決まったらオンライン交際の整理をしよう

交際の進め方

一時帰国が決まったらオンライン交際の整理をしよう

仮交際中は、並行お見合い/複数交際がルールで認められており、上手に並行するべきだという別記事を書きました。

上手な仮交際の進め方

今回は、仮交際を整理する時期、真剣交際に向けての心構えをご紹介します。

一時帰国が近づいたら、仮交際を整理する

一時帰国の日程が決まったら、少しずつ仮交際を整理しましょう。一時帰国の目的は「真剣交際に入れる人を決める」ことです。対面でお会いできる機会は貴重ですから、最大限有効に使わなくてはいけません。
「仮交際中の人が多すぎて、一時帰国の間に、それぞれ1回しか会えなかった…」
これでは、真剣交際に入れるかどうかの判断はつきませんし、またお相手にもあなたの本気度は伝わらないでしょう。
一時帰国の前には、帰国日程にもよりますが、仮交際は3~5名ほどにしぼっておきましょう。

勝因は【事前にしっかり予定を組む】こと

一時帰国中、仕事関係の予定もあるでしょうし、会っておきたい人もいるかと思います。まず、絶対外せない予定を書き出して、婚活に使える時間はどのくらいか?把握しましょう。
そして、フリータイムは全て婚活に使うつもりで、事前にしっかり予定を組むことが大事です。
まず、仮交際中の人全員と対面デートの約束を取り付けます。ここまでは帰国前にやっておきます。その後の予定は、誰と2回目3回目を会うかわからない状態でも、お店の予約だけしておくと良いでしょう。特に、一時帰国する時期が年末年始やGWなど、長期休暇の時期と重なるようなら、お店の予約をしておく方が安心です。
一時帰国前には、相談所の担当者とも密に連絡を取り:

仮交際中の人、それぞれについての印象
優先順位(良いところ、気になるところ)
真剣交際に入る為に重視する点の確認(性格、見た目、結婚観、人生観)

今の交際について整理し、情報共有しておくことが大切です。第三者と話をすることで、自分の考えや気持ちも整理されますので、ここまでしっかりと帰国前に準備しておくことが、実りある一時帰国にするかどうかを左右します。

関連記事